思う

地震とハリケーン


パキスタン・インド北部の国境紛争地帯カシミールを中心に起きた大地震が発生してから4日目。
被害の大きさが次第に明らかになってきた。11日までに確認されたパキスタン側の死者数は2万1千人。インド側でも約1千人の死者が確認されている。まだまだ、生き埋めになっている人も多く、死者数はさらに増えそうだ。
家屋含めた被災者は500万人、これは北海道の人口に匹敵する。アメリカ南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」もすごかったが、今度の地震はケタが違う。

中国側のプレートとインド側のプレートがぶつかり合って盛り上がっているのがエベレスト山のあるヒマラヤ山脈だが、このあたりは西のトルコまで地震の多発地帯。しばしば大地震がおき、つど大きな被害が発生している。

APX200510090056.jpg(写真:パキスタン北西辺境州の町バラコト。震源の間近に位置し、最も被害が大きかった町のひとつで、ほとんどの建物がぺしゃんこにつぶれている。ASAHI COM.からお借りしました)


死者が数万人規模の地震はたびたび発生しているが、なぜか、家屋は土を焼いたレンガ造りのままだという。もちろん鉄筋も入っていない。
日本も地震多発国のひとつだが、建築基準法がしばしば改正され、大地震のたびに耐震構造の強化が法律に盛り込まれている。住宅も、商業ビルや工場も、橋も高速道路も地震に強い建築基準を通らないと作れない。

阪神大震災では多くの住宅が全壊したが、その多くが戦後まもなくの耐震基準が甘い時代に建てられた住宅だった。発生6日目に現地に入ったが、屋根に土をのせ、その上に瓦を葺いた「頭の重い」家が、自らの頭の重みでつぶされているのを多数見た。改正された基準法に沿って建てられた住宅のほとんどは、壊れていても半壊どまりだった。

こうしてみると、カトリーナも今回の地震も、被害を大きくした要因のひとつは「行政が仕事をしていなかった」ということなのかもしれない。「人災」と言ってしまえば軽くなってしまうが、「今度同じものが来ても、2度とこんな被害を起こさせない」という強い意志を持って、立法措置、行政措置を講じてほしいものだ。

危機のときに見せる「顔」

北海道の根室沖で日本のサンマ漁船が転覆し7人が死亡した。

近くを航行した記録があるイスラエルのコンテナ船があやしいとなり、調査が進められているが、この船を所有するイスラエルの会社の社長の動きがすばやい。すかさず来日し、所管の官庁に謝罪しに訪問したあと、記者会見であらためてお詫びと補償についてはっきりと述べ、今日には根室に飛んで遺族に頭を下げるという。

この船には1キロ以内に他の船が近づくと警報が出る最新の装置がついているが、鳴らなかったという。宿直の航海士も衝突には気がつかなかったと言っている。まだブラックというよりグレーの状態だが、この社長は早々と自社の持ち船の過ちであることを認め、捜査への全面協力、謝罪、補償を確約した。来日するのも早かったが、この経営者は「責任」、「誠意」をよく知っているようだ(最後まで見届ける必要はあるが)。

img20051005_2.jpgひるがえって、福知山線の脱線事故(4月25日)で死亡者107名、負傷者549名という大惨事を引き起こしたJR西日本の経営陣の初動の悪さは何だったのだろう。最初は社長も出てこず、幹部がおこなった会見では「置石の可能性がある」と開き直った発言が出たり、お詫びのひと言もなかなか聞けなかった。
(写真はYOMIURI ONLINEからお借りしました)

大勢の部下を抱えて商売をしている以上、リーダーは上(上司)、横(同僚)、下(部下)、客の四方から見られているが、一番大事なのは言うまでもなく客である。平時はごまかせても、このあたりの大事な部分への認識と行動にズレ、ブレがあると、何かことが生じたとき「化けの皮」がはがれる。危機のときに見せる「行動」、これがその人の真の「顔」である。

「七つの子」はいったい?

わらべ歌や童謡の詩には、いろいろな解釈ができるものがある。無邪気に歌っていた頃はいいのだが、気にしだすと気になる。


「七つの子」

烏(からす)なぜ啼(な)くの
  
烏は山に

可愛(かわ)い七つの 子があるからよ

可愛い 可愛いと 烏は啼くの
 
可愛い 可愛いと 啼くんだよ

山の古巣(ふるす)へ いって見て御覧

丸い眼をした いい子だよ


茨城出身の野口雨情が作詞した「七つの子」には
①雨情が7才の時に母親と別れたので、その想いを歌った唄、
②「七つの子」は「七歳の子」なのか「七羽の子」なのか・・・、
などの解釈、論争?がある。
本人に聞いてみたいところだが、さて、あなたはどう思いますか。

安全だよ、白鷺米!

ずいぶんと白鷺(サギ)が目立つ話は、以前にもアップ(8月14日)したが、それから1か月、注意深く見ていると、田によって白鷺が集まるところと寄ってこないところがあるのに気がついた。

おそらくだが、白鷺は「死の田」か「生きている田」かの違いを本能的に嗅ぎ取っているのではないか。つまり、直接的には、薬を多用している田には白鷺が好む虫があまりいないからなのだろうが、薬に守られた落穂にも「死のにおい」を感じるのだろう。

大型のコンバインのすぐ脇で白鷺が落穂や虫をついばむ田でとれた米はたぶん安全な米だ。「有機米」なんて表現よりも、「白鷺米」とでもネーミングしたほうが売れるのではないか。こんな写真をつけて・・・(写真下、9月18日撮影)。

CIMG1314.jpg

ブログのトラブル

ここのところ、ブログの調子がおかしい。

運営者(ドリコム ブログ)のサーバーの問題のようだが、きのうから今朝にかけては見ることも、記事をアップすることも、コメントを読んだり書いたりすることもまったくできなかった。
運営者に事態を知らせたり、クレームのメールを送ろうとしても、接続すらできなかった。

私のブログをたずねてくださった方にも、迷惑をかけているのではないだろうか。
これまでに書きためた記事や写真も消えてしまったのでは、と本気で心配した。

困ったもんだ。
こういうことがしばしばあるようだと、別のブログに移ることも考えなければならない。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ