津軽三味線を習い始めてまる5か月が過ぎた。
三味線の持ち方、姿勢、右手、左手の動かし方などの基本動作の習得に、最初かなりの時間をあてた後、黒田節、ソーラン節、真室川音頭、津軽甚句と来て、今挑戦中の曲はりんご節。

平均すると1曲オーケーが出るまでのお習い回数は3回。3回目に次の曲が始まり、次の次にオーケーが出て、「じゃ、これをやってみようか」ということでその場が次の曲の1回目となる。

img20051007.jpg

今のところ順調に進んでいるが、これまでに習った曲を忘れないようにしながら新曲に挑戦するので、復習の曲もだんだん多くなる。これからが、大変になってくるだろう。

津軽三味線を名まで聞いたことがある人ならわかると思うが、この楽器の音の大きさは半端じゃない。棹が太く、太鼓部分も普通の長唄などの細棹の三味線よりずっと大きい。堅いバチで弦と太鼓をたたくのだが、とにかくすごい音がする。

先日、我が家にやってきた2人の友人を前に弾いてみたが、その友人たちはそのド迫力にビックリしていた(もちろん、腕前に対してではなく、音の大きさに対してである)。

近くテニス仲間と合宿に行く予定があるが、幹事から「三味線を夜の宴会の場で聞かせてください」とのお誘いがあったものの、この音のことがあるので、ギター、ウクレレ持参に切り替えてもらった。

一緒に習っている姉弟子のひとりは、近所からクレームがつき、室内の簡易防音工事までやったがやはり「静かにしてください」と周りから言われ、ついに、減音装置が付いた特殊な三味線を買う羽目になった。この三味線は、普通の大きな音も出せるが、減音してヘッドホーンで聞くこともできるものだ。

幸いにも、我が家の場合、高気密住宅のため外に漏れる音は小さいが、それでも、近所の人に会うと「へたくそな三味線の音が耳障りでしょう。すみませんね」と声をかける。町内の方は出来た皆さんばかりで「しばらく聞こえないと、どうしたのかナァ、と心配になりますよ」なんてうれしいことを言ってくださる。

そのうち、「窓を開けて弾いてください」と言われるよう、上手な弾き手になりたいものだ。