危機のときに見せる「顔」

北海道の根室沖で日本のサンマ漁船が転覆し7人が死亡した。

近くを航行した記録があるイスラエルのコンテナ船があやしいとなり、調査が進められているが、この船を所有するイスラエルの会社の社長の動きがすばやい。すかさず来日し、所管の官庁に謝罪しに訪問したあと、記者会見であらためてお詫びと補償についてはっきりと述べ、今日には根室に飛んで遺族に頭を下げるという。

この船には1キロ以内に他の船が近づくと警報が出る最新の装置がついているが、鳴らなかったという。宿直の航海士も衝突には気がつかなかったと言っている。まだブラックというよりグレーの状態だが、この社長は早々と自社の持ち船の過ちであることを認め、捜査への全面協力、謝罪、補償を確約した。来日するのも早かったが、この経営者は「責任」、「誠意」をよく知っているようだ(最後まで見届ける必要はあるが)。

img20051005_2.jpgひるがえって、福知山線の脱線事故(4月25日)で死亡者107名、負傷者549名という大惨事を引き起こしたJR西日本の経営陣の初動の悪さは何だったのだろう。最初は社長も出てこず、幹部がおこなった会見では「置石の可能性がある」と開き直った発言が出たり、お詫びのひと言もなかなか聞けなかった。
(写真はYOMIURI ONLINEからお借りしました)

大勢の部下を抱えて商売をしている以上、リーダーは上(上司)、横(同僚)、下(部下)、客の四方から見られているが、一番大事なのは言うまでもなく客である。平時はごまかせても、このあたりの大事な部分への認識と行動にズレ、ブレがあると、何かことが生じたとき「化けの皮」がはがれる。危機のときに見せる「行動」、これがその人の真の「顔」である。

「七つの子」はいったい?

わらべ歌や童謡の詩には、いろいろな解釈ができるものがある。無邪気に歌っていた頃はいいのだが、気にしだすと気になる。


「七つの子」

烏(からす)なぜ啼(な)くの
  
烏は山に

可愛(かわ)い七つの 子があるからよ

可愛い 可愛いと 烏は啼くの
 
可愛い 可愛いと 啼くんだよ

山の古巣(ふるす)へ いって見て御覧

丸い眼をした いい子だよ


茨城出身の野口雨情が作詞した「七つの子」には
①雨情が7才の時に母親と別れたので、その想いを歌った唄、
②「七つの子」は「七歳の子」なのか「七羽の子」なのか・・・、
などの解釈、論争?がある。
本人に聞いてみたいところだが、さて、あなたはどう思いますか。

しっかりしてよ、すぎのやさん

きのう、テニス仲間とすぐ近くの「すぎのや」で昼食をとった。この「すぎのや」はそば、うどんメニューを中心に多店舗展開しており、関東各地でよく見かける店だ。
目新しいメニューに「ちたけ汁そば(うどん)」というのがあったので、旬のきのこを使ったものだろうと「うどん」を注文してみた。
「ちたけ」なるものを知らなかったので、店員に「ちたけってどいういうもの?きのこでしょう?」と聞くと「はい、ちちたけとも言います」、「このメニューの写真に載っているのは全部ちちたけ?」、「はい、そうです」、「じゃ、これちょうだい」。

CIMG1371.jpg

(写真上:すぎのやの「ちたけ汁うどん」、880円)

で、しばらくして出てきたのが写真の品(880円)。浮かんでいるのは茄子と揚げだけ。
底を探ると2、3個濃い茶色のきのこらしきものが出てきた。
口に入れてみるとこれ自体には味や香りは感じられず、ちょっとぱさついて、喉を通りにくい。
「ちたけ汁うどん」は正直まずかった。

ネーミングもこの内容では「ちたけ汁そば(うどん)」ではなく、「秋茄子のつけそば(うどん)」とでもした方が正確だし、客の期待を裏切らない。
味のまずさ、ネーミングの失敗・・・、1度裏切られた客は2度とこの品は注文しないだろう。

すぎのやさん・・・、品数を増やすのもいいけど、これじゃぁねぇ。いつも、ランチでお世話になっているからこその苦言です。客の目線でしっかりとお願いしますよ!

CIMG1376.jpg

(写真下:テニス仲間たち)


<うん&ちく>

「ちたけ」って何だ?
ちょっと調べてみました。

ちたけは乳茸ともいい、きのこの茎を折ると白い乳が出ることからこう呼ばれています。
汁物のダシには最高で、そういえば、秋、そばやの店先に「ちたけ、あります」と書かれていたのをみたことがあります。
ちたけは、栃木県では松茸に匹敵する人気だそうで、煮ると味が出るため、ちたけでだしをとったそばやうどんが、「ちたけそば」、「ちたけうどん」として、珍重されているようです。ちたけは、オレンジ色または茶色をしたきのこで、ナスと豚肉といっしょに炒めてもおいしいということなので、「ちたけの名誉回復」のためにも今度確かめてみます。でも、わが町のスーパーで売っているかなぁ、「栃木のちたけ」。

秋といえば秋茄子、秋サバ

秋といえば秋茄子(ナス)と秋サバ。
まとめて2品、作ってみた。

秋茄子と豚肉の味噌炒め

CIMG1363.jpg

・・材料・・
1、茄子  4、5個
2、かつお節(なくてもオーケー。あったらなおおいしい) 好みの量
3、豚肉(細切れ) 70g
4、ニンニク 1片
5、オイスターソース 大さじ1杯
6、ごま油 大さじ2杯

・・作り方・・
1、茄子を切る。ニンニクは薄切り。
2、下の材料を混ぜて、合わせ調味料を作っておく。
  味噌 大さじ2杯
  豆板醤 小さじ1/2杯
  砂糖  大さじ1杯
  酒   大さじ1杯
  コショウ 少々
   *この合わせ調味料は野菜炒めにもピッタシ。これを覚えておけば炒め物は失敗ナシです。
3、中火のごま油でニンニクをいため、香りを出す。
4、豚肉を強火で炒め、火が通ったら茄子を全量入れる。
5、強火ですばやく火を通し、合わせ調味料で味を調え、最後にオイスターソースをからませて火を止める。
6、皿に盛ったら、かつお節をまぶして出来上がり。
  *茄子は切るとまもなく身が赤く変色してくるので、調理はすばやく。


秋サバの塩焼き

CIMG1368.jpg

・・作り方・・
1、調理の少し前にサバ(一夜干し品)に塩を軽くふっておく。
2、サバを中火で約12分焼く。
3、皿に移したら、大根おろしを添えて出来上がり。

 
<うん&ちく>

 「秋茄子(なす)は嫁に食わすな」ということばには①「秋茄子はとってもうまいので嫁には食べさせるのはもったいない」という姑の嫁いびり、②「茄子は体を冷やすので食べ過ぎると体に良くない」という姑の親切心、③「秋茄子は種が少ないので種(子供)がなくなることを心配した周囲の思いやり、からきたなどの解釈がある。

一般的には「憎らしい嫁にはもったいない」という意味で使われ、似たことばの「秋かます嫁に食わすな」、「秋鯖(あきさば)嫁に食わすな」、「五月蕨(ごがつわらび)は嫁に食わすな」などは、いずれも嫁いびりからきているようだ。封建的な家族制度の中で生まれた言葉なのだろう。

いずれにせよ、こういう言葉が生まれるくらい秋茄子はうまいということ。事実、この時期の茄子は果肉の締りがよく、肉厚で、種子も少ない。

一方、サバの方は春から夏にかけて産卵を終え、秋は次の産卵に備えて餌を沢山食べ、脂がよく乗ってくる。脂質の含有量は年間の平均では17%位、旬の時季には軽く20%を超える。サバは「青背の魚」の代表的な魚で、体に良い成分、DHAやEPAを沢山含んでいる。特に皮にはビタミンB2が多く含まれているので皮ごとバリバリと召し上がれ。

  *ただし、上の話は太平洋からインド洋で採れるマサバのこと。使ったのは文化干し(一夜干し)のサバで、ノルウェーあたりで採れるタイセイヨウサバ。ま、堅いことを言わず、秋にサバを食べたから秋サバ、これでいいじゃないですか。結構、脂が乗っていましたよ

友人手づくりケーキ、うま~ッ

友人が手づくりケーキを持ってきてくれた。
ケーキ作りを勉強している人で、彼女のブログにもしばしば作品が登場する。
「パソコンの画面じゃ味がわかんないよ。早く実物を食わせろ~」とおねだりし続けていたもの。

CIMG1359.jpg

料理といえば酒の肴が多い辛党のわが身には、甘いケーキなんぞよほどのことがないとご縁がないが、このチョコレートケーキを口にしたとたん、思わず「うま~ッ」。
img20050929.jpg甘さ控えめで、名前がわからないフルーツがなんとも言えないいい味を出している。
これならショートどころか丸ごと食べられる。

甘いものには目がないカミさん、義母の評価もGOOOOO(5点満点の5)だった。

ご馳走さまでした。

秋葉原が変わっている!

昨夕は友人と会うために秋葉原に出かけた。

8月にはつくばエクスプレス(TX)が開業し、この24日からは日本最大級の家電ショップ「ヨドバシ AKIBA」がオープン。駅周辺はガラッと変わっている。

特に昭和通り口は一変。そこで待ち合わせたのだが、メンバーのひとりは迷ってしまった。
「昭和通り口って、”うらぶれた裏口”って感じだったけど、これじゃ、おもて口になっちゃったね」とその友人は言い訳していた。

CIMG1351.jpg

待ち合わせ時間まで15分ほどあったので、ヨドバシカメラを覗いてみた。
夕方の6時、店の中はすごい数の人だ。それに大変な騒音。
それぞれの売り場の売り子が脚立によじ登って拡声器でが鳴りたてる(これじゃ、昔のアメ横だ)。
質問してもまともな答えの返ってこない「新人店員」も多い。急遽かき集められた連中で売り場経験がまだ浅いのだろう。

最悪シーンは、「トイレは?」と聞いて「3階にあります」の答えが帰ってきたとき。
「最低でも3階までは店を見てください。トイレだけのお客はお断りします」、ということなのかなぁ。
ここで「丁度お時間」となった。

15分ではとてもとても見て回れない広さもありますが、それに加えて、あの混雑、騒音、トイレ問題・・・。疲れる店です。
皆さんも、AKIBAへのお出かけは体調万全、時間たっぷりのときにすることをお勧めします。

ウクレレ 初レッスン

きのうお茶の水でウクレレを買った友人たちが楽器を携えて遊びに来た。
言わば、初の合同練習。

左手の基本、右手のはじき方、姿勢、コードとは、ギターやピアノとの合奏など・・・時には真剣に、時には笑い転げて、初レッスンを楽しんでもらった。

CIMG1350.jpgウクレレは自分が知っている簡単な曲、たとえば「ふるさと」、「きらきら星」など3コードで弾ける曲をリズム通り、歌いながら弾く練習を繰り返すことで、あっという間に上達する。

逆に知らない歌、それもむずかしいコードがたくさん入っている曲に最初からチャレンジすると間違いなく挫折する。人間の頭は右手、左手、メロディー、歌詞それぞれに別の指令を出すことに、大きなストレスを感じる。だから、できるだけ簡単で知っている曲がいい。

簡単な曲でも「弾き語り」ができるようになると、俄然楽しくなり、自信もつく。こんなのも、あんなのもやってみたいとだんだんレパートリーが広がり、知っているコードの数がいつの間にかどんどん増え、弦をつま弾く右手の動きのバリエーションも広がる。こうなればしめたものだ。どこへでもウクレレを持っていきたくなる。

わずかな時間だったが、友人たちはその辺の上達のコツをしっかりと理解してくれたようだ。娘さんの結婚式のために一時帰国している友人も、ウクレレをさわるのがまったく初めてだったにもかかわらず、「真夜中のギター」が大好きなのでコードを教えてほしいとヤル気満々だった。

愉快に弾ければいい、楽しく歌えるとさらにいい。音楽のある生活は、暮らしを滑らかにし、リズム感を与えてくれる。それで友達の輪が広がればサイコー。Bさん、Tさん・・・、今度は「発表会」をやろうね。たとえ、聴衆がゼロ人でも。

CIMG1341.jpg

(写真:昼食はエリンギとアサリのスパゲッティ。サラダはシーザースサラダ風)

CIMG1343.jpg

お茶の水 楽器街のぶらつき方

娘さんの結婚式のためアメリカから一時帰国中の友人がウクレレを始めたいというので、さらにその友人でもあるテニス仲間と3人でお茶の水の楽器街に繰り出した。

楽器店には、右から仕入れてそのまま左へ小売りする店と、一台ごとに楽器の調整を施して売る店がある。

黒澤楽器系の1軒目の店ではペグ(糸巻き部分)のビスが緩んだままのウクレレを店頭に並べていたが、2軒目(アキオ楽器)ではペグそのものも信頼性のある部品に交換し、フレットの間隔、高さを自分のところで調整した商品を置いていた。
ペグが緩んでいると弾いているうちに音が下がってくる。フレットの間隔が狂っていると、当然音程にも狂いが生じる。フレットの高さが不均等だと、指に負担がかかり、痛くなるほか、弦が他のフレットにさわってビビリ音が発生したりする。

標準的な店とハワイアンに強い、どちらかと言うとマニアックな店を案内したところ、友人は後者の店をマニアックというより「初心者にもとても丁寧に応対してくれる安心な店」と評していた。購入したのもこのアキオ楽器

実はこの店はこれまでと合わせて3回目。脇道を入ったレストランの2階のその店は、歩いているだけでは気がつかない小さな看板の地味な店だ。アキオとはご主人(渡辺昭男さん)の名から来ている。

中に入るとハワイアンのバンド活動をやっているような先客がいつもいて、店のご主人ときわめて専門的な話をしている。だから、一見の客には目もくれないのだろうナァ、と勝手に思い込んでいたが、どうも違っていた。

きのうは先客もおらず、こちらから話しかけると、実に親切にあれこれとアドバイスをくれた。ここのご主人本人がウクレレやハワイアンが本当に好きで、これから始めたいという「新人さん」が目の前に現れると、心底うれしくなってくるのかもしれない。

楽器を愛する人は、目の前にその楽器を始めたいという人が現れるととてもうれしいものだ。とことん、イロハからアドバイスしたくなる。ここのご主人はそういう人のようだ。結果、売る方も買う方も満足する。

そんな店を探すのがお茶の水楽器街のぶらつき方のようである。できれば、その楽器を多少弾くことができる「先輩」に同行してもらうとなおいい。

ちなみに友人はハードケースに入れた新しいウクレレを大切そうに抱えながら、ウキウキとした表情で通りを歩き始めた。気分は「アロハ」である。

ウクレレやアコースティックギターを始めたいという方、いつでもご一緒しますよ。

築地「寿司大」で腹ごしらえ

台風17号が東にそれ、今日の東京は抜けるような青い空。
茨城の田んぼ道を走ると、結婚したてのトンボが二匹つながって無数に飛んでいる。
きのうまではさほど見かけなかった、今日はすごい!
17号が連れてきたわけでもないだろうが、改めてカレンダーを見れば、もうこの週末は10月。「秋本番」の到来だ。

で、きょうはうまいものを食べに築地に。
テニス仲間の友人とアメリカからの友人(日本人)の3人で築地の場内市場6号館にある「寿司大」(関連記事)に行った。テニス仲間はこの店10度目の常連さん。

実はアメリカからの友人がウクレレを始めたいというので、お茶の水楽器街に繰り出すことにしたが、その前の腹ごしらえ場所を満場一致で築地の寿司大に決めたもの。

これまで場外市場は何度か行ったことがあるが、セリを行う場内市場の方に行くのは初めて。
小型トラックやフォークリフトがせわしく、しかし確実に安全運転で行き交う中、6号館へ。
お~、すごい。並んでいる、並んでいる。
このあたりの食べ物屋は仲買人など、プロ相手に朝から開いており、11時過ぎに行くとなんと友人たちは1時間以上も前から並んでいてくれた。

「店長お任せコース」を注文する。魚は甘いとかプリプリするとかの表現しか浮かばないが、この店のひと品ひと品が言葉で言い表せない。
全員「ん~、んッ」ばかり。「うまい」だけでは言い切れない「ウマさ」だ。
魚、酢メシ、薄口のたれ醤油、塩、時にはカボス(あるいはスダチ?)など、食材のよさもさることながら、若い板前さんたちの気さくで明るい接客態度、応対ぶりは場所柄もあって気取りがなく、気持がいい。後味がすこぶるいいのだ。

最後に握ってもらったアワビは、最初やわらかいが、最後はしっかりと歯ごたえがある。
もっと硬いものがアワビだと思っていたが、この本物のアワビを食べると、「アワビもどきのエリンギ」はかなりアワビに近い。これまでに食べたするめのような硬いアワビはいったい何者だったのだろう。
アワビもエリンギも食材そのものに味はほとんどないが、調理の仕方で極めて近い料理になることをあらためて感じた。

食は不思議。発見、また発見である。

肝心のウクレレの買い物については、次号で報告します。

エリンギのオイスターソース炒め

台湾では、アワビの食感に似ているのでアワビタケと言われているエリンギ。これをオイスターソースで炒めてみた。「はなまるマーケット」で紹介していたものをアレンジしてみた。

CIMG1339.jpg

◆エリンギのオイスターソース炒め
<材料>
エリンギ・・・大小混ぜて3本
豚バラ肉・・・70g
ニンジン・・・1/5本(色味程度)
ワケギ(万能ネギ)・・・一束
サラダ油・・・大さじ2
豆板醤・・・小さじ1
オイスターソース・・・小さじ2
水・・・コーヒーカップ1杯(150cc)

<作り方>
1)ワケギを3cmくらいに切り、根元と上の部分に分ける。
2)ニンジンを薄めにスライスする。
3)エリンギは厚めに(縦に2~3等分)、豚肉は3cmくらいの大きさに切る。
※エリンギは厚めに切って油で炒めると食感が、よりアワビのようになる。
4)フライパンに油を入れ、ワケギの根元の部分を軽くいためて香りを出す。
5)豚肉を入れ、表面に火が通ったら、ここでエリンギとニンジンを入れる。
6)材料が焦げないように水を少し(30cc)入れる。
7)オイスターソース・豆板醤を入れたら、残りの水を入れ、火を通す。
7)最後にワケギの上の部分を入れて、少し色が変わればできあがり!

カミさん、義母の評価はGOOOO(5段階の4)。
カミさんから「味はいいけど、アワビの本物を食べさせてくれたことがないから、どれだけアワビの食感に近いのかわからない」という嫌みが入り、減点1。

確かにエリンギは油でいためることでアワビのような食感になる。
中華は油だけかと思ったら、水を巧みに入れ(挿し)ている。「炒める」ことと平行して「煮ている」のだ。今回の調理でわかったこの発見は今後の参考に大いになりそう。

「はなまるマーケット」ではワケギは2本しか使っていなかったが、ネギが大好きなので、我が家流では一束まるごと使った。また、途中で味見をしたら薄かったので、「はなまる」では小さじ1杯だったオイスターソースを倍の2杯使ったら出来上がりはちょうどいい味に。ネギが多かったせいか。

素材の段階ではかなりの量だったが、出来上がってみると、大したボリュームにならない。
家族が多い場合は、エリンギを5、6本使った方がいいようだ。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ