<重要> ブログの再編完了について

運営側のサーバー負荷増大が原因でブログが重たくなり、時にはアクセスそのものが困難になって読者の皆さんにご迷惑が及んでいるため、やむを得ず、ブログの再編作業を行ってきましたが、このほど完了しましたので、ご連絡します。

NEW!「kathyの第2ステージ VOL.Ⅱ」・・・私の第2ステージのさまざまな挑戦に関する「新しい記事」はこちらに載せていきます。この新しいメイン・ブログを「お気に入り」に加えていただければ幸いです。
http://kathy-2nd-life.seesaa.net/

NEW!「男の台所」・・・新設の料理ブログです。これまでの「kathyの第2ステージ」と新設の「kathyの第2ステージ VOL.Ⅱ」に掲載の「料理モノ」記事だけを、簡潔に編集しなおしてこの「男の台所」にも載せます。「忙しいので料理のレシピだけみたい」という方は、こちらに直行してください。過去ご紹介したレシピも順次こちらにも移していきます。
http://otoko-no-kitchen.seesaa.net/

「kathyの第2ステージ」・・・2005年10月5日までの記事はこちらをご参照ください。
http://ngtkathy-1945.dreamlog.jp/

ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いします。

地震とハリケーン


パキスタン・インド北部の国境紛争地帯カシミールを中心に起きた大地震が発生してから4日目。
被害の大きさが次第に明らかになってきた。11日までに確認されたパキスタン側の死者数は2万1千人。インド側でも約1千人の死者が確認されている。まだまだ、生き埋めになっている人も多く、死者数はさらに増えそうだ。
家屋含めた被災者は500万人、これは北海道の人口に匹敵する。アメリカ南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」もすごかったが、今度の地震はケタが違う。

中国側のプレートとインド側のプレートがぶつかり合って盛り上がっているのがエベレスト山のあるヒマラヤ山脈だが、このあたりは西のトルコまで地震の多発地帯。しばしば大地震がおき、つど大きな被害が発生している。

APX200510090056.jpg(写真:パキスタン北西辺境州の町バラコト。震源の間近に位置し、最も被害が大きかった町のひとつで、ほとんどの建物がぺしゃんこにつぶれている。ASAHI COM.からお借りしました)


死者が数万人規模の地震はたびたび発生しているが、なぜか、家屋は土を焼いたレンガ造りのままだという。もちろん鉄筋も入っていない。
日本も地震多発国のひとつだが、建築基準法がしばしば改正され、大地震のたびに耐震構造の強化が法律に盛り込まれている。住宅も、商業ビルや工場も、橋も高速道路も地震に強い建築基準を通らないと作れない。

阪神大震災では多くの住宅が全壊したが、その多くが戦後まもなくの耐震基準が甘い時代に建てられた住宅だった。発生6日目に現地に入ったが、屋根に土をのせ、その上に瓦を葺いた「頭の重い」家が、自らの頭の重みでつぶされているのを多数見た。改正された基準法に沿って建てられた住宅のほとんどは、壊れていても半壊どまりだった。

こうしてみると、カトリーナも今回の地震も、被害を大きくした要因のひとつは「行政が仕事をしていなかった」ということなのかもしれない。「人災」と言ってしまえば軽くなってしまうが、「今度同じものが来ても、2度とこんな被害を起こさせない」という強い意志を持って、立法措置、行政措置を講じてほしいものだ。

サンマのさっぱり煮

この秋のサンマは身も脂も乗ってサイコーにうまい! だけど、塩焼きはさすがに飽きてきた・・・という方は「さっぱり煮」はいかが。20分間ほど煮ますが、塩焼きだって14、5分かかるので、大差はありません。缶詰のサンマをずっとおいしくした感じです。さっぱりしててうまいですよ!

サンマのさっぱり煮

CIMG1410.jpg

(写真:カミさんいわく「煮るときの生姜とは別に、盛り付けのときに千切りの生姜を上に載せると見栄えがよくなるかもね」。ん~む、確かに。もっと包丁の腕前を上げなくっちゃ!)


・・材料・・

1、さんま  4尾
2、生姜   1片
3、水     半カップ(100ミリリットル)
4、醤油・酒・酢  各大さじ3

・・作り方・・

1、サンマは頭を落として4等分の輪切りにし、内蔵を出して、水で洗い、よく水を切ったら軽く塩をふって4、5分置く。調理直前にペーパータオルでもう一度水分を拭く。
2、生姜は細切り。
3、フライパンに水と調味料、生姜を入れ、煮立ったらサンマを並べる。
4、落し蓋をして20分ほど煮て火を切り、そのまま冷ませば出来上がり。
  *4尾分のサンマが切れに並ぶので、フライパンは便利。

この料理に合うお酒・・・日本酒(そろそろ、ぬるめの燗が恋しい?)

20分では骨までやわらかくはならないですが、もっと時間をかけると、骨ごと食べられるようになるでしょう。

酢を大さじ3杯も入れて大丈夫かナ、と少し不安でした。でも、これが煮魚の生臭さを消す役割りをしっかりと果たしてくれたようです。酢のパワーを実感。

梅干煮のうまいイワシ料理屋を知っていますが、こんどはサンマの梅干煮に挑戦してみます。酢と醤油を少し押さえ、中くらいの大きさの梅干をサンマの数だけ入れて煮てはどうかなと・・・。

肉じゃが(厚揚げ入り)

肉じゃがをふた付きのフライパンで作ってみました。

CIMG1403.jpg

肉じゃが(厚揚げ入り)

・・材料・・

1、ジャガイモ  中くらいの大きさ 3個(約300g)
2、タマネギ   2個(約300g)
3、厚揚げ    2枚(約200g)
4、しらたき    1袋(約200g)
5、牛肉(薄切り) 300g
6、グリーンピース 色添えなので好みの量(インゲンでもいい)

・・作り方・・

1、ジャガイモは大きめの乱切り、タマネギはくし型に切る。厚揚げは熱湯をかけて油抜きし、4つに切る。
2、フライパンに牛肉を並べ、火をつける。色が変わってきたら裏返し、水をカップ3杯(600ミリリットル)注いでアクを丁寧にとる。
3、煮立ったらジャガイモ、タマネギ、厚揚げ、しらたきを入れる。
4、材料を入れたら、塩小さじ2杯半、醤油大さじ3杯、砂糖、みりんはともに大さじ3杯。
5、ふたをし、中火で25分ほどさらに煮る。
6、グリーンピースをトッピングして出来上がり。
  *水はカツオのだし汁だとなおいい。

ベビーリーフとレタスのシーザース風サラダ

ベビーリーフとは、ハーブや葉野菜の若い葉を摘んだもの。1種類の葉だけの単品もあるが、数種類の葉をブレンドした「ベビーリーフミックス」(40グラム、200円)を買ったので、サラダを作ってみた。ベビーリーフには、ビタミンやミネラルが豊富なハーブ野菜が多く使われているので、1つのパックでいろいろな葉の味が楽しめる。

ただ、40グラムではあまりに少ないので、レタスも入れて(こちらが主体?)ボリュームを膨らませたシーザース風サラダをご紹介。

CIMG1382.jpg

ベビーリーフとレタスのシーザース風サラダ

・・材料・・

1、ベビーリーフ・・・1パック(40g)
2、レタス・・・葉を4枚程度
3、サラミソーセージ・・・一時帰国中のアメリカの友人からいただきました。
4、オリーブオイル(エキストラバージンオイル)
5、ぽん酢。
6、塩、コショウ、粉チーズ

・・作り方・・

1、ベビーリーフ、レタスをさっと洗い、水を切る。ベビーリーフはそのままでいいが、レタスは適当な大きさに手でちぎる。
2、ドレッシング・・・オリーブオイル大さじ1杯、ぽん酢小さじ1杯、塩、コショウ少々をよくかき混ぜる。
3、野菜にドレッシングをかけ、上下返しながらよくなじませる。
4、上に細く切ったサラミソーセージをのせ、粉チーズをまぶして出来上がり。

おいしいサラミ、ごちそうさまでした。他の料理にも挑戦中です⇒ぶんさん

茄子とピーマンの味噌炒め

CIMG1388.jpg

茄子とピーマンの味噌炒め

・・材料・・
1、茄子  4、5個
2、ピーマン 2、3個
3、ベーコン 色添えなので適量
4、ニンニク 1片
5、オイスターソース 大さじ1杯
6、ごま油 大さじ2杯

・・作り方・・
1、茄子、ピーマン細めにを切る。ニンニクは薄切り。
2、下の材料を混ぜて、合わせ調味料を作っておく。
  味噌 大さじ2杯
  豆板醤 小さじ1/2杯
  砂糖  大さじ1杯
  酒   大さじ1杯
  コショウ 少々
   *この合わせ調味料は野菜炒めにもピッタシ。これを覚えておけば炒め物は失敗ナシです。
3、中火のごま油でニンニクをいため、香りを出す。
4、ベーコンをさっと炒め、火が通ったら茄子、ピーマンを入れる。
5、強火ですばやく火を通し、合わせ調味料で味を調え、最後にオイスターソースをからませれば出来上がり。

尾道ラーメン・我が家風

CIMG1386.jpg

尾道(広島県)に実家がある友人からスープ付きの尾道ラーメンをいただいた。我が家風の調理例をひとつご紹介。

尾道ラーメン・我が家風

・・材料・・

1、尾道ラーメン(スープ付きの生めん)
2、ネギ・・・好みの量
3、カットわかめ・・・好みの量
4、メンマ・・・好みの量

・・作り方・・

1、味つきメンマの作り方・・・①水煮のメンマを一度お湯でさっと煮る、②油で炒める、③砂糖、醤油の順で味付けすれば完了。市販の味つきメンマよりは自分好みの味をつけられ、一度作っておくと、ビールのつまみにもなる。砂糖、醤油の量は好みで。
2、手つきの鍋いっぱいにお湯を沸かす。
3、スープを袋ごと鍋に入れてさっと温め、どんぶりに袋を破いて入れる。
4、カットわかめを好みの量入れ、お湯を注ぐ。
5、残ったお湯で麺をゆで、好みの固さで取り出して、湯を切り、どんぶりに移す。
6、ネギ、麺ををトッピングして出来上がり。

尾道ラーメンは小魚の干物からダシをとった和風味が特徴。麺は細めだが、意外にコシが強い。本場で「尾道ラーメン」を食べたことがないが、豊かな「瀬戸内の香り」を十分、楽しませてもらった。

ごちそうさまでした⇒ TSさん。

舞茸の2分料理(酒蒸し)

CIMG1396.jpg

舞茸(マイタケ)の2分料理

・・材料・・

1、舞茸・・・200g
2、酒・・・大さじ2杯
3、そばつゆ(醤油)・・・大さじ1杯半

・・作り方・・

1、舞茸をさっと洗い、手で小房に分ける。茎まで食べるので残さずに。
2、器に舞茸を入れ、酒大さじ2杯をかけて、ラップをして電子レンジで2分弱。
3、チーンと鳴ったら、ラップをはずし、市販のそばつゆ(我が家では「創味のそばつゆ」)を大さじ1杯半かけて、全体を混ぜて出来上がり。

八百屋さんで舞茸を蒸して醤油をかけたものを試食させてもらったことをヒントに、電子レンジでの酒蒸し⇒そばつゆをかける、を思いついた。
舞茸は料理が難しいきのこだと思っていた。バター焼きなどが知られるが、水分が飛んだ舞茸はおいしくない。
風味、食感で言えば今回の酒蒸しは舞茸料理のトップだろう。香りもいいし、うまい。それに超簡単! あったかいうちに召し上がれ。

津軽三味線、お習い5か月の感想

津軽三味線を習い始めてまる5か月が過ぎた。
三味線の持ち方、姿勢、右手、左手の動かし方などの基本動作の習得に、最初かなりの時間をあてた後、黒田節、ソーラン節、真室川音頭、津軽甚句と来て、今挑戦中の曲はりんご節。

平均すると1曲オーケーが出るまでのお習い回数は3回。3回目に次の曲が始まり、次の次にオーケーが出て、「じゃ、これをやってみようか」ということでその場が次の曲の1回目となる。

img20051007.jpg

今のところ順調に進んでいるが、これまでに習った曲を忘れないようにしながら新曲に挑戦するので、復習の曲もだんだん多くなる。これからが、大変になってくるだろう。

津軽三味線を名まで聞いたことがある人ならわかると思うが、この楽器の音の大きさは半端じゃない。棹が太く、太鼓部分も普通の長唄などの細棹の三味線よりずっと大きい。堅いバチで弦と太鼓をたたくのだが、とにかくすごい音がする。

先日、我が家にやってきた2人の友人を前に弾いてみたが、その友人たちはそのド迫力にビックリしていた(もちろん、腕前に対してではなく、音の大きさに対してである)。

近くテニス仲間と合宿に行く予定があるが、幹事から「三味線を夜の宴会の場で聞かせてください」とのお誘いがあったものの、この音のことがあるので、ギター、ウクレレ持参に切り替えてもらった。

一緒に習っている姉弟子のひとりは、近所からクレームがつき、室内の簡易防音工事までやったがやはり「静かにしてください」と周りから言われ、ついに、減音装置が付いた特殊な三味線を買う羽目になった。この三味線は、普通の大きな音も出せるが、減音してヘッドホーンで聞くこともできるものだ。

幸いにも、我が家の場合、高気密住宅のため外に漏れる音は小さいが、それでも、近所の人に会うと「へたくそな三味線の音が耳障りでしょう。すみませんね」と声をかける。町内の方は出来た皆さんばかりで「しばらく聞こえないと、どうしたのかナァ、と心配になりますよ」なんてうれしいことを言ってくださる。

そのうち、「窓を開けて弾いてください」と言われるよう、上手な弾き手になりたいものだ。

ブログを再編・改良します

ブログがやたら重たくなり、時にはアクセスそのものが困難になって読者の皆さんにもご迷惑が及んでいるようなので、重い腰を上げてブログを次の通り再編・改良します。ここ数日間、試しに動かしてみましたが、多少は軽くなったように思います。新・ブログをお試しください。

NEW!「kathyの第2ステージ VOL.Ⅱ」・・・私の第2ステージのさまざまな挑戦はこちらに載せていきます。こちらが新しいメイン・ブログですので、「お気に入り」に加えていただければうれしく思います。なお、これまでの半年近いバックナンバーの記事と写真をすべてこちらに移設するのは、大変なことになりそうなのでご容赦ください。
  http://kathy-2nd-life.seesaa.net/

「kathyの第2ステージ」・・・これまでの記事はこちらをご参照ください。あと1週間ばかりは上のあたらしい「kathyの第2ステージ VOL.Ⅱ」と同じ記事をこちらにも併行掲載します。
  http://blog.drecom.jp/ngtkathy-1945/

NEW!「男の台所」・・・新設のブログです。「kathyの第2ステージ」と「kathyの第2ステージ VOL.Ⅱ」に掲載の「料理モノ」記事だけを、簡潔に編集しなおしてこちらの「男の台所」にも載せます。「忙しいので料理のレシピだけみたい」という方は、こちらに直行してください。過去ご紹介したレシピも順次こちらにも移していきます。
  http://otoko-no-kitchen.seesaa.net/


今やブログは個人だけではなく、企業もプロモーションに使うなど、大きな社会的影響力を持つ媒体になりつつあります。人気ブログは1日に1000件を優に超えるアクセスがあるとか。こうなると広告媒体としての価値が生まれ、ブログの運営を始める企業が続々登場します。

大したサーバーも備えないでスタートし、会員増にあわせてサーバーを増強していく。が、大体が後手後手となり、「ずいぶんと重たい」とユーザー、読者からクレームがつき、台数を増やすが、また会員を増やすことばかりを考えるから、すぐに重たくなる。この繰り返しがちょうど今なのでしょう。

以前、会員を増やすことに熱中したあまり、正会員なのにプレーが出来なくなってしまったゴルフ場が閉鎖になりましたが、今のブログもこれと似たようなところがありますね(ゴルフ場の例は、詐欺に近い)。

ということで、今、会員になっているドリコム運営のブログだけでは心もとなくなってきたことが再編・改良の理由です。ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いします。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ